News

2017/12/25
個人宅で設置するメリットを更新致しました。
2017/12/25
段差解消機はレンタルもできるを更新致しました。
2017/12/25
屋外でも使える段差解消機を更新致しました。
2017/12/25
心の段差もなくなるを更新致しました。

段差解消機ってどんな種類があるの?

高齢者や車椅子の人が安全に向けた生活をするための住宅というとバリアフリーですよね。バリアフリー住宅は室内のちょっとした段差をなくし、スムーズな移動ができるように設計されたもののことを指します。
しかし、昔ながらの日本家屋には随所に段差があって、高齢者や車椅子の人の移動に危険や困難が伴うことは多々あります。そんな時にオススメなのが段差解消機です。これは数十センチから四メートルまでの段差を簡単に昇り降りできるもので、屋内屋外どちらにも設置できます。いわゆるフォークリフトのようなものを想像すれば分かりやすいかもしれません。
この段差解消機、一般的なものは先ほど述べたリフト型ですが、普段は階段として使用できるタイプもあります。これは階段がボタン一つでリフトに変形するもので、これなら高齢者や車椅子の人だけでなくその家族も同じように利用できますよね。
さらに段差解消機の優れたところは省スペースなので、住宅用エレベーターやスロープが設置できない場所でも設置できるという点です。段差解消機はそれほど大きなものではありませんから、狭い場所でも設置可能なのはありがたいですよね。
この先ますます高齢化社会となっていくであろう日本で、このような製品は必要不可欠なものとなることでしょう。

車椅子の人のことを考えた段差解消機の選び方

車椅子の人が自分一人で段差を昇り降りできる段差解消機は、百ボルトの電源さえあればどこにでも設置できます。ですから公共施設や屋外、バリアフリー住宅やそうでない住宅の玄関前等その場所を問いません。とくに個人の住宅に設置することでの利点はたくさん考えられます。
例えば車椅子の人自身が快適に過ごせるようになりますし、玄関前に設置すれば外出も容易になることでしょう。それまでは一人での外出がままならなかった人でも外へ出かけるのが楽しみになるかもしれません。
さらに車椅子の人を介護する家族にとっても負担が減ります。例えごくわずかな段差でも車椅子を移動させるのは力もいりますし、ましてや大きな段差となるとかなり大変です。ですが段差解消機なら車椅子の人でも操作できるようになっていますから、大きな段差でも問題ありません。
ただし段差解消機は業者によってその性能も機能も様々ですし、価格も手頃なものから百万円を超えるものまでかなり違いがあります。無論性能が良くなればそれだけ価格も高くなるわけですが、無理に高性能のものをと考える必要はありません。一番大切なのはニーズに応じたものを選ぶことです。なので設置場所や段差の幅、使用目的等を考えながら段差解消機を選んでください。
またその際には車椅子の人が扱いやすいシンプルな操作のものを選ぶのが安心です。

Topics

個人宅で設置するメリット

段差解消機ってどんな種類があるの? 高齢者や車椅子の人が安全に向けた生活をするための住宅というとバリアフリーですよね。バリアフリー住宅は室内のちょっとした段差をなくし、スムーズな移動ができるように設計されたもののことを指します。 しかし、昔ながらの日本家屋には随所に段差があって、高齢者や車椅…

More...

段差解消機はレンタルもできる

段差解消機の費用や特徴とは 現在、家の玄関や玄関前に段差があって車椅子での移動に苦労している方の中には、バリアフリーへのリフォームを考えておられる方もいるのではないでしょうか。ですがリフォームとなるとそれなりに費用もかかりますし、工事に時間もかかるでしょう。さらに段差解消のためのスロープには、…

More...

屋外でも使える段差解消機

段差解消機があれば介護の負担も軽くなります 段差解消機があればスロープがない場所でも車椅子に乗った状態で昇り降りすることができます。スロープの坂道を昇るには介護が必要となることがあり、一人ではなかなか昇れないことがあります。そんなとき段差解消機があれば一人でも移動ができるようになります。またス…

More...

心の段差もなくなる

階段昇降機の方式や設置方法 車椅子に乗っている方にとって階段や段差は天敵とも言える存在です。それらに対してのバリアフリーの手段は1つではありません。段差を解消する手段としては段差解消機やスロープが挙げられます。しかしスロープは1人で使用するのは困難ですから利用に制限があります。そうなると残る選…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加