News

2017/12/25
個人宅で設置するメリットを更新致しました。
2017/12/25
段差解消機はレンタルもできるを更新致しました。
2017/12/25
屋外でも使える段差解消機を更新致しました。
2017/12/25
心の段差もなくなるを更新致しました。

段差解消機の費用や特徴とは

現在、家の玄関や玄関前に段差があって車椅子での移動に苦労している方の中には、バリアフリーへのリフォームを考えておられる方もいるのではないでしょうか。ですがリフォームとなるとそれなりに費用もかかりますし、工事に時間もかかるでしょう。さらに段差解消のためのスロープには、ある程度のスペースが必要になってきます。
しかし段差解消機なら費用も工事日数も節約できますし、何よりスロープと比べて設置に場所を取りません。例えば車椅子での移動を目的としてスロープの場合、急勾配にするというわけにもいきませんから、どうしても緩やかな勾配にする必要があります。そのためには段差のおおよそ十倍以上の距離のスロープが必要になると言われているのです。
ですが段差解消機ならそれほどの場所は必要なく、手頃なものなら二十万円弱から購入ができます。もちろんその価格はピンからキリで百万円を超えるものもありますが、レンタルも可能なので、いきなり購入するのではなく、まずはレンタルで試してみると言うのも良いでしょう。
またリフォームをするタイミングで段差解消機を導入するのも良いかもしれませんし、いずれにせよ段差解消機が車椅子生活をより豊かなものにすることは間違いありません。

段差解消機を設置する前に知っておきたいこと

高齢者や車椅子の方に優しいバリアフリー住宅が当たり前になった現代、様々な介護用品が登場しています。例えば段差をラクに昇降するための段差解消機ですが、設置に当たってはいくつか覚えておきたい点があります。
まず段差解消機は同じフロアの移動のみ可能と法律で定められています。したがって一階から二階の移動には設置することができません。ですから階をまたいでの移動は階段昇降機を利用することとなります。
また段差の高さは四メートルまでとなっており、業者によって一メートル、二メートルなど最大四メートルまでといくつかの段差解消機が用意されています。したがって設置前にはまず業者にその点を確認して、住宅の用途に合ったものを選びましょう。
他に段差解消機というのは基本的に車椅子の方のみが乗るものですから、一人乗り、もしくは介護者を含めた二人乗りまでというのがほとんどです。これは安全のために必ず守るべきものですから、一人乗り用のものに複数で乗るといったことは避けてください。
そして最後に設置にかかる費用と期間ですが、段差解消機の性能等によってもばらつきがあり、十万円から百万円が設置費用の相場となっています。また工事にかかる日数は二週間から一カ月強となります。
こうした特徴を踏まえていくつかの業者を比較しながら、目的に合ったものを賢く選んでくださいね。

Topics

個人宅で設置するメリット

段差解消機ってどんな種類があるの? 高齢者や車椅子の人が安全に向けた生活をするための住宅というとバリアフリーですよね。バリアフリー住宅は室内のちょっとした段差をなくし、スムーズな移動ができるように設計されたもののことを指します。 しかし、昔ながらの日本家屋には随所に段差があって、高齢者や車椅…

More...

段差解消機はレンタルもできる

段差解消機の費用や特徴とは 現在、家の玄関や玄関前に段差があって車椅子での移動に苦労している方の中には、バリアフリーへのリフォームを考えておられる方もいるのではないでしょうか。ですがリフォームとなるとそれなりに費用もかかりますし、工事に時間もかかるでしょう。さらに段差解消のためのスロープには、…

More...

屋外でも使える段差解消機

段差解消機があれば介護の負担も軽くなります 段差解消機があればスロープがない場所でも車椅子に乗った状態で昇り降りすることができます。スロープの坂道を昇るには介護が必要となることがあり、一人ではなかなか昇れないことがあります。そんなとき段差解消機があれば一人でも移動ができるようになります。またス…

More...

心の段差もなくなる

階段昇降機の方式や設置方法 車椅子に乗っている方にとって階段や段差は天敵とも言える存在です。それらに対してのバリアフリーの手段は1つではありません。段差を解消する手段としては段差解消機やスロープが挙げられます。しかしスロープは1人で使用するのは困難ですから利用に制限があります。そうなると残る選…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加