News

2017/12/25
個人宅で設置するメリットを更新致しました。
2017/12/25
段差解消機はレンタルもできるを更新致しました。
2017/12/25
屋外でも使える段差解消機を更新致しました。
2017/12/25
心の段差もなくなるを更新致しました。

階段昇降機の方式や設置方法

車椅子に乗っている方にとって階段や段差は天敵とも言える存在です。それらに対してのバリアフリーの手段は1つではありません。段差を解消する手段としては段差解消機やスロープが挙げられます。しかしスロープは1人で使用するのは困難ですから利用に制限があります。そうなると残る選択肢は段差解消機を使用する事です。
段差解消機はその上に車椅子ごと乗ってリフトのように昇降する事で段差を無くす物です。その段差解消機の種類には大きく3つあります。まず油圧式があります。この油圧式は作動音が静かで高い段差に向いています。次にねじ式です。ねじ式は低い段差に向いていて、設置が容易であり、短時間で設置する事が出来ます。最後にチェーン式です。チェーン式は機構がコンパクトになっているのが特徴で、さまざまな段差に対応が可能です。
このように用途によって向いている段差解消機は変わります。そして段差解消機を設置する時に、段差解消機が1番下がった時でも段差が出来てしまう事の対策として床埋め込みにする事が出来ます。床埋め込みをする事でより使用しやすく出来ます。ただし、場合によっては床埋め込みを使えない事もありますので注意して下さい。設置を考えている時にはメーカーなどにしっかりと値段や設備の詳細、床埋め込みの事などについて確認を取りましょう。

意外と身近なバリアフリーについて

小さな子どもからお年寄り、また障害のある方にとってかかせない存在であるバリアフリー。普段気にしていない所や、滅多に気付かない所にも実はたくさん使用されている事があるのです。身近なところを例にあげると、車椅子だけではなく赤ちゃんが乗るベビーカーを使う際に使用するスロープ、実はこれもバリアフリーに入るのです。
最近では駅にある点字や商業施設にあるスロープだけでははなく、自宅にもバリアフリーを付ける方が増えてきています。今回はその自宅でのバリアフリーについて紹介したいと思います。バリアフリーとは【段差解消機】のことを指します。各部屋に繋がる道筋に段差を付けないことも、バリアフリーの一つですが、通路には車椅子が通られるスペースを確保することも重要です。その他にも、入浴やトイレの際に介助の方も同行する事を考慮し、脱衣所、浴室は広めに作り手すりを付け、床は滑りにくい材質を使ったりすることも大切です。
バリアフリーは障害者だけではなく、工夫次第では共に暮らす相手にも使いやすい工夫をする事が出来るのでとても魅力的だと言えるでしょう。今すぐ必要としてない場合でも、備えがあれば気持ち的にも安心出来るので、段差解消機を早めに準備しておくことをおすすめします。

Topics

個人宅で設置するメリット

段差解消機ってどんな種類があるの? 高齢者や車椅子の人が安全に向けた生活をするための住宅というとバリアフリーですよね。バリアフリー住宅は室内のちょっとした段差をなくし、スムーズな移動ができるように設計されたもののことを指します。 しかし、昔ながらの日本家屋には随所に段差があって、高齢者や車椅…

More...

段差解消機はレンタルもできる

段差解消機の費用や特徴とは 現在、家の玄関や玄関前に段差があって車椅子での移動に苦労している方の中には、バリアフリーへのリフォームを考えておられる方もいるのではないでしょうか。ですがリフォームとなるとそれなりに費用もかかりますし、工事に時間もかかるでしょう。さらに段差解消のためのスロープには、…

More...

屋外でも使える段差解消機

段差解消機があれば介護の負担も軽くなります 段差解消機があればスロープがない場所でも車椅子に乗った状態で昇り降りすることができます。スロープの坂道を昇るには介護が必要となることがあり、一人ではなかなか昇れないことがあります。そんなとき段差解消機があれば一人でも移動ができるようになります。またス…

More...

心の段差もなくなる

階段昇降機の方式や設置方法 車椅子に乗っている方にとって階段や段差は天敵とも言える存在です。それらに対してのバリアフリーの手段は1つではありません。段差を解消する手段としては段差解消機やスロープが挙げられます。しかしスロープは1人で使用するのは困難ですから利用に制限があります。そうなると残る選…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加