News

2017/12/25
個人宅で設置するメリットを更新致しました。
2017/12/25
段差解消機はレンタルもできるを更新致しました。
2017/12/25
屋外でも使える段差解消機を更新致しました。
2017/12/25
心の段差もなくなるを更新致しました。

段差解消機があれば介護の負担も軽くなります

段差解消機があればスロープがない場所でも車椅子に乗った状態で昇り降りすることができます。スロープの坂道を昇るには介護が必要となることがあり、一人ではなかなか昇れないことがあります。そんなとき段差解消機があれば一人でも移動ができるようになります。またスロープを取り付ける場所がなくても、段差解消機は狭い場所に設置することができます。雨の日でも濡れて大丈夫な設計になっているため屋外での使用も可能です。高さは低い物だと60センチ前後から高い物だと2メートル前後上昇する物まであります。駆動は電動の油圧で動くので、車椅子が乗れるスペースを余裕を持って取れます。玄関のような低い段差でも段差解消機を使えば、車椅子に乗ったまま自由に出入りできるようになるので、介護の負担もだいぶ軽くなります。工事にかかる時間は半日から1日ほどで取り付けられます。安全性が考慮されているので、段差の下に物が置いてあった場合でも検知して自動的に止まるようになっています。稼働中の転落防止として遮断棒も付いているので、万が一のときの対策も十分施されています。バリアフリーにリフォームする場合、大掛かりな工事を行わなくても段差解消機を取り付けるだけなのでコストを下げられます。

車椅子生活をより便利にできる解消機

近年、バリアフリーに対応している住宅が多く建てられるようになってきました。またそれに伴い、車椅子の方がより快適に過ごせるための製品もたくさん開発されています。その一つが段差解消機で、これは玄関前などの段差を解消する機器の事です。車椅子に乗っているとちょっとした段差でも移動が困難な場合がありますよね。それを解消できるものとして段差解消機が非常に役立つのです。
確かに高齢化社会になってきて、屋内はバリアフリーに対応している家も増えてきていますし、リフォームをする方もたくさんおられます。しかし玄関前などはまだまだ段差のある家が多いですし、リフォームするにしてもそこまでは手が回らないのが現状ではないでしょうか。
ですが段差解消機ならわざわざリフォーム等の大掛かりな工事をせずに済みますし、設置のためのスペースもそれほど必要ありません。また、屋内、屋外どちらにも設置可能なので、玄関前だけではなく、玄関の上がり框やその他、様々な段差に設置することができます。
この段差は業者によって多少違いはあるものの数十センチから一メートル以上の高さにまで対応していて、中には四メートルの段差でも設置できる段差解消機もあります。

Topics

個人宅で設置するメリット

段差解消機ってどんな種類があるの? 高齢者や車椅子の人が安全に向けた生活をするための住宅というとバリアフリーですよね。バリアフリー住宅は室内のちょっとした段差をなくし、スムーズな移動ができるように設計されたもののことを指します。 しかし、昔ながらの日本家屋には随所に段差があって、高齢者や車椅…

More...

段差解消機はレンタルもできる

段差解消機の費用や特徴とは 現在、家の玄関や玄関前に段差があって車椅子での移動に苦労している方の中には、バリアフリーへのリフォームを考えておられる方もいるのではないでしょうか。ですがリフォームとなるとそれなりに費用もかかりますし、工事に時間もかかるでしょう。さらに段差解消のためのスロープには、…

More...

屋外でも使える段差解消機

段差解消機があれば介護の負担も軽くなります 段差解消機があればスロープがない場所でも車椅子に乗った状態で昇り降りすることができます。スロープの坂道を昇るには介護が必要となることがあり、一人ではなかなか昇れないことがあります。そんなとき段差解消機があれば一人でも移動ができるようになります。またス…

More...

心の段差もなくなる

階段昇降機の方式や設置方法 車椅子に乗っている方にとって階段や段差は天敵とも言える存在です。それらに対してのバリアフリーの手段は1つではありません。段差を解消する手段としては段差解消機やスロープが挙げられます。しかしスロープは1人で使用するのは困難ですから利用に制限があります。そうなると残る選…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加