News

2017/12/25
個人宅で設置するメリットを更新致しました。
2017/12/25
段差解消機はレンタルもできるを更新致しました。
2017/12/25
屋外でも使える段差解消機を更新致しました。
2017/12/25
心の段差もなくなるを更新致しました。

段差解消機の種類や選び方とは

段差解消機というのは文字通り段差を解消する機器で、車椅子の方に役立つものです。設置には工事を伴いますが、リフォームほどの大規模なものではなく、その分費用も比較的安く済みます。なので車椅子に対応したバリアフリーにしたいけど費用は節約したいといった方にはぴったりだと思われます。ただし一口に段差解消機といっても種類はたくさんあるので、選ぶ際には後で後悔しないよう、いくつか注意しておきたいポイントがあります。
まず段差解消機にはリフトタイプとパンタグラフタイプがあって、前者は横にある機器で上下させ、後者は足元の下にあるパンタグラフ、分かりやすく言えば蛇腹で上下をさせます。さらに設置には埋め込み式と移動可能な段差解消機があるので、ニーズに合ったものを選ぶと良いでしょう。
そして一番大切なことは使用者である車椅子の人が安全に昇り降りできるということです。もし段差解消機に乗った時に転倒しては大変ですから、必ず安全に配慮したものを選んでください。転倒防止機能や挟み込み防止機能などのついているものなら安心して利用できます。あと費用の面がネックならレンタルという方法もありますので、複数の業者に問い合わせをしてみて最終的に一番良いものを選べると良いですね。

バリアフリーにするなら段差解消機を

病気や怪我などで車椅子生活になった場合、まずしておきたいのが、家をバリアフリーに変えておくことです。それによって、車椅子でも快適に生活をすることができます。ただ、室内をバリアフリーにしても、玄関など出入り口の高い段差をなくすことはできないと悩む人もいるでしょう。玄関などの段差が残ったままでは、外出が困難になり、家に閉じこもりがちになる可能性があります。そんな玄関の段差の悩みを手軽に解消したいと考えたら、段差解消機を設置することがおすすめです。段差解消機のメリットは、玄関などの高めの段差でも利用可能なこと、そして狭いスペースでも設置できることです。
玄関などに、車椅子のスロープをつけるためには、とても広いスペースが必要です。それに対して段差解消機であれば、車椅子1台分よりも少し大きめのスペースがあれば設置可能です。更に、室内は勿論、屋外に設置可能なタイプもあり、様々な用途で活用可能となっています。
大きな段差が残ったままでは、気軽に外出をすることができませんが、段差の悩みをクリアできれば車椅子でも活発に行動をすることができます。段差解消で悩んでいるのであれば、段差解消機の設置を考えておくことがおすすめです。

足が不自由な方でも階段昇降機で安全に昇り降りが可能です。 営業時間は午前9:00~午後6:00までとなっております。 お問い合わせ・ご相談に関しましてはお電話にて承っております。 住宅改修の事例を分かりやすく場所による写真にてご紹介しております。 当社の工事例を随時更新しておりますので、ぜひご覧になって下さい。 介護用品の試乗によって使い心地を体感していただけます。 段差をスムーズに解消したい場合はこちらで参考に

Topics

個人宅で設置するメリット

段差解消機ってどんな種類があるの? 高齢者や車椅子の人が安全に向けた生活をするための住宅というとバリアフリーですよね。バリアフリー住宅は室内のちょっとした段差をなくし、スムーズな移動ができるように設計されたもののことを指します。 しかし、昔ながらの日本家屋には随所に段差があって、高齢者や車椅…

More...

段差解消機はレンタルもできる

段差解消機の費用や特徴とは 現在、家の玄関や玄関前に段差があって車椅子での移動に苦労している方の中には、バリアフリーへのリフォームを考えておられる方もいるのではないでしょうか。ですがリフォームとなるとそれなりに費用もかかりますし、工事に時間もかかるでしょう。さらに段差解消のためのスロープには、…

More...

屋外でも使える段差解消機

段差解消機があれば介護の負担も軽くなります 段差解消機があればスロープがない場所でも車椅子に乗った状態で昇り降りすることができます。スロープの坂道を昇るには介護が必要となることがあり、一人ではなかなか昇れないことがあります。そんなとき段差解消機があれば一人でも移動ができるようになります。またス…

More...

心の段差もなくなる

階段昇降機の方式や設置方法 車椅子に乗っている方にとって階段や段差は天敵とも言える存在です。それらに対してのバリアフリーの手段は1つではありません。段差を解消する手段としては段差解消機やスロープが挙げられます。しかしスロープは1人で使用するのは困難ですから利用に制限があります。そうなると残る選…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加